北海ブイヤベースVS食べるスープしりべしコトリアード

お知らせ

一覧へ戻る

①しりべしコトリアードはこのような方々に支えられています

2018/03/15


月間 小樽学2018.3号に掲載された、瀬川桂子さん。 しりべしコトリアードを家庭料理として広める活動をしてくれています。 実は彼女、植物が大好きで、園芸療法士やアロマインストラクター、北海道ガーデニングマイスター等々、植物に関する様々な資格を持っている方です。
(ラジオ出演もされています。毎月第四木曜日 12:20~
 FMおたる76.3MHz「rashisaの庭通信」というコーナー)
「しりべしコトリアード」と出会い、その味とコンセプトを気に入って下いました。
そして、食物療法の視点から、食べて健康になるお料理として、自家製ハーブやドライフルーツと合わせるなどの工夫を凝らして、仕上げてくださっています。
しりべしコトリアードが家庭料理として、この地に定着させていくことの大切さを、調理実習を通じて語ってくれている方です。

えっ!?「しりべしコトリアード」って何かって?
それはステキな「食べるスープ」です!